各種募集のお知らせ

産科・婦人科

産科・婦人科

外来担当医表

担当医の紹介
医師名 sanka_takeuchi2 武内 享介 産婦人科部長
専門・得意分野 日本産科婦人科学会専門医・暫定指導医、日本東洋医学会漢方専門医、 日本臨床細胞学会細胞診専門医・指導医、日本周産期・新生児医学会周産期(母体・胎児)専門医、日本周産期・新生児医学会新生児蘇生法インストラクター、母体保護法指定医、医学博士
ひとこと 周産期をはじめとして内視鏡手術や子宮脱の手術、悪性腫瘍の手術などを行っています。
医師名 sanka_sugimoto2 杉本 誠 産婦人科医長
専門・得意分野 日本産科婦人科学会専門医、日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医、日本内視鏡外科学会技術認定医、母体保護法指定医、医学博士
ひとこと 内視鏡治療を中心とした低侵襲の治療を心がけています。もちろん妊娠、出産それ以外でも不安に思うことは何でも相談してください。
医師名   吉田 愛 専修医
専門・得意分野 日本産婦人科学会、日本産科婦人科内視鏡学会
ひとこと 丁寧な診察、説明を心がけています。気になることや不安なことがあれば相談して下さい。
医師名   武田 晃子 専修医
専門・得意分野 日本産婦人科学会
ひとこと 安全で安心いただけるような診察と説明を心がけています。
医師名   白國 あかり 専修医
専門・得意分野  
ひとこと  
特色

当科は、須磨区、垂水区を中心に神戸市全域にわたり、これまで母子医療、悪性腫瘍など国立病院としての政策医療を行うとともに市域の中核的病院として地域医療にも貢献して参りました。正常分娩はもとより異常分娩を取り扱うのみならず婦人科悪性腫瘍や子宮頸部異形成に対する最新知見に基づいた集学的治療、良性腫瘍に対する内視鏡(腹腔鏡、子宮鏡)を用いた治療、尿失禁や骨盤臓器脱(子宮脱)に対する手術療法など幅の広い診療を行っています。
 
産科・周産期について

  1. チーム医療で妊婦健診をしています。
    当科は、当院の理念である「すべての人の立場にたった医療サービスの提供」を基に、出産される方が安心・満足できる出産を目指しています。そのような出産をするには妊婦さん自身が、健診を受けて自分の生活について自己管理をすることがとても重要です。当科では最初に、何週ごろにどのような診察、検査をするかを説明しています。妊婦健診時に助産師による保健指導を行い、妊娠・出産の不安の軽減に努めていますので、気軽にご相談下さい。
  2. ハイリスク妊娠に対応しています。
    妊婦さんに妊娠高血圧症候群が出現した場合や、膠原病、糖尿病などの合併症がある場合は、当院の専門各科との協力のもとに、無事に赤ちゃんが出産できるように治療・援助します。また胎児に異常が疑われる場合など早期に発見できるように、胎児超音波検査・胎児血流波形分析などの最新の医療技術を用いて診断に努めています。このような診断・管理の結果、当院で対応困難な場合は、より高度の周産期医療施設に紹介・搬送する場合があります。
  3. 自然分娩を基本に、安全に出産ができるように努めています。
    出産は自然分娩を原則にしています。御希望により、ご主人に立ち会いをしていただくこともできます。陣痛から、出産、産後まで生活できる居宅のような環境のLDRも1室あります。医師・助産師が分娩監視装置などで胎児の状態を観察しながら、安全に出産できるように援助しています。母体にB群溶連菌(GBS)がある場合や前期破水の場合は規定の手順に沿って抗生剤を使用し感染対策をしています。予定日が過ぎても分娩が開始しない場合や母子の状態によって誘発分娩をする際には、医学的適応に基づき同意を得た上で母子の安全に留意して実施していきます。帝王切開を行う場合は麻酔科と共に疼痛を少なくできるように努めています。
  4. 母乳育児によって母と子の絆を深めます。
    出産後、これからの育児につながるような入院生活が送れるように、ご家族で育児をしていくのに最も自然で、赤ちゃんにとっても良い環境は何かを考え、当科では「母子同室」「母乳育児」をおすすめしています。2009年には、世界保健機構とユニセフにより「赤ちゃんにやさしい病院(BFH : Baby Friendly Hospital)」として認定されました。
  5. これからの母と子の健康のために、他科と連携しています。
    生まれた赤ちゃんは全員、入院中に小児科、整形外科の診察を受けていただいています。合併症をもって妊娠・出産された方は、産後に必要に応じて専門の各科に受診をおすすめすることがあります。これらは総合病院の強みといえるでしょう。

婦人科について

  1. 疾患の早期発見・早期治療をすすめています。
    当院は神戸市の子宮頸癌検診指定医療機関であり、細胞診専門医を中心として子宮頸がん細胞診、コルポスコピー下組織診、高周波電気メスを用いた子宮膣部円錐切除などの様々な方法を用いて子宮頸がんの早期発見、早期治療に努めています。近年、子宮頸がんは発癌性ヒトパピローマウィルスというウィルスに感染することが原因であることが判明しています。このウィルスは性交で感染します。最近は20~30歳代の若い世代に前がん病変である子宮頸部異形成や子宮頸がんが増加しています。病気の初期にはほとんどが無症状ですので、若い世代の人も是非子宮がん検診を受けましょう。受診すればヒトパピローマウィルス検査を行うことも可能です(自費)。子宮頸部異形成の段階で診断されると子宮を温存することができ、妊娠・出産も可能です。また、子宮頸がんの状態でも早期に見つければ、大きな手術を回避することで術後の副作用の軽減が可能です。当科ではヒトパピローマウィルス検査を子宮頸部異形成の診断と治療後の管理に応用しています。
  2. 女性の生活の質を向上させる・低下させない治療に努めています。
    A) 良性腫瘍について
    日本産科婦人科内視鏡学会認定研修施設として卵巣腫瘍、子宮筋腫、子宮外妊娠などの良性疾患に対しては、積極的に腹腔鏡子宮鏡といった内視鏡手術を行っています。手術によって現在の不快な症状を緩和していくことを目指すとともに、将来妊娠を希望される方にはできるだけ妊娠しやすい条件を残します。また、手術の傷ができるだけ目立たないよう美容的配慮をしています。現在、良性腫瘍の半数以上が内視鏡手術の適応となっています。また子宮の温存を希望する患者さんに対しても薬物療法・手術療法を組み合わせることで可能な限り対応しています。
    B) 尿失禁・性器脱について
    閉経後女性では、尿失禁や頻尿、排尿時違和感などの排尿障害が頻繁にみられ、生活上の障害となる排尿障害を持つ割合は、閉経後女性の5%以上であるとも言われています。中高年女性の排尿障害で最も頻度が高いのは、尿失禁で、特に尿失禁の50%を占める腹圧性尿失禁は年齢と共に増加し、性器脱と共に生活の質(QOL)を損なうことが多く、高齢化社会を迎えるにあたって、その治療がクローズアップされています。当科では、保存的治療から手術療法まで患者さんの希望や重症度に応じて様々な治療を提供しています。性器脱に対する保存的治療として外来看護師によるリングペッサリーの自己着脱の指導も行っています。これは自分で腟内にペッサリーを出し入れする方法です。夜間は抜去することでトラブルを防ぎます。海外では一般的に行われている方法ですが、日本では指導に時間がかかるため、一部の病院・診療所でしか行われていません。また、手術療法としては性器脱に対する従来の手術方法に加えて、腹圧性尿失禁がある患者さんに対してはメッシュ手術を取り入れています。
  3. 手術前検査・自己血輸血の準備体制など
    多量の出血が予測される手術では、輸血の副作用を減らすために術前に自己血を貯血しています。手術前の検査は必要があれば当院の専門の各科で診察をした上で準備をすすめる場合もあります。手術前には手術の不安が少しでも和らぐように説明をした上で同意をいただきます。入院されたあとには麻酔科や手術室の看護師も手術前に説明を致しております。
  4. 婦人科腫瘍に対する集学的治療
    当院は地域のがん診療における連携の中核として子宮がん、卵巣がんなどの婦人科腫瘍の診断治療に積極的に取り組んでいます。治療方法は、手術療法・抗癌剤療法・放射線療法などの治療法を組み合わせて副作用が少なく最も効果が得られるように工夫しています。具体的には、子宮進行期癌(頸部・体部)Ⅱ期までは、広汎性子宮全摘と骨盤リンパ廓清を、卵巣癌には子宮全摘と大網切除・骨盤リンパ廓清(傍大動脈リンパ廓清)を行っていますが、患者さんに治療法の説明をしたうえで選択をしていただきます。また、初期子宮体癌に対しては腹腔鏡下子宮体癌根治術を行っています。本手術は開腹手術を腹腔鏡下手術に置き換えることで、手術切開創は開腹手術の20センチ程度に比較して、腹腔鏡下手術では1箇所0.5~1センチ程度の小さな孔(トロッカー孔)が4~5カ所程度と非常に小さくなります。その結果、術後の疼痛は少なく術後回復も早くなり、早期退院が可能になります。さらに、開腹術と比較して腹腔鏡により臓器を拡大してみることが可能で、出血量は少なく手術時間はほぼ同等です。
産婦人科に興味を待つ医学部生、初期研修医の皆様へ    

専門医制度は今後大きく変わることが予想されます。当科は神戸大学専門研修プログラムの研修施設として様々な症例を経験することが可能です。また、臨床研究とその成果としての学会発表ならびに論文執筆を積極的に行っています。当科は日本産科婦人科内視鏡学会認定研修施設であり、将来的に内視鏡手術技術認定医取得も可能です。

【産科】

当院では主に正常分娩、合併症妊娠などの管理を行っております。研修の目標である正常妊娠の管理、異常妊娠・合併症妊娠への対応を含めて周産期専門医(母体・胎児)を中心として指導します。

【婦人科】

内視鏡手術に関しては日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医を中心にハイレベルな医療を行っています。良性疾患のほとんどを内視鏡手術で加療しています。また、初期子宮体癌に対する腹腔鏡手術も積極的に行っています。研修期間に応じて付属器腫瘍手術から筋腫核出術まで執刀できるような指導します。また、今後発展が期待される女性泌尿器科にも力を入れており、エキスパートによるhands on trainingを積んだ指導医のもとでTOTなどのメッシュ手術を経験できます。悪性腫瘍に関しては細胞診専門医を中心としてその診断から治療まで高いレベルでカバーしていますので婦人科治療に関してはほとんど経験可能です。
 
医学部学生、研修医・専攻医の病院見学は随時受け付けています。また、進路の相談にも乗らせていただきます。見学をご希望の方は、管理課長 412sy01@hosp.go.jpまでご連絡ください。