各種募集のお知らせ

消化器内科

消化器内科

外来担当医表

特色

消化器全般の診療とともに悪性疾患を中心とした治療(内視鏡的治療、化学療法、また他科との連携による集学的治療など)にも重点をおいています。

周辺の医療機関からの検査の依頼が多く、上下部消化管内視鏡検査数は年々増加傾向にあります。また、特に肝胆膵疾患の紹介患者数が多く、十二指腸ファイバーによる診断・治療を積極的に行うと共に、慢性肝炎・肝硬変(B・C型肝炎、自己免疫性肝炎、原発性胆汁性肝硬変など)・肝癌の診断・治療にも力を入れています。

内視鏡的治療においては消化管止血術、早期食道・胃・大腸悪性腫瘍に対する粘膜切除術、内視鏡的乳頭切開術等のみならずQOL向上のための各種ステント留置、内視鏡的胆管ドレナージ、胃瘻造設等も積極的に行っています。また、超音波やCT、MRI,シンチグラフィーなど各種画像検査や、それらを利用した生検等により診断能の向上をはかっています。悪性腫瘍に対して内視鏡的治療以外に、例えば肝細胞癌にはエタノール注入療法、ラジオ波焼灼療法、TAE等を場合によって併用、また進行した悪性腫瘍には放射線併用化学療法といったように集学的治療を心がけています。

担当医の紹介
医師名   吉田 志栄 消化器内科部長
専門・得意分野  
資格  
医師名 syouka_nakayama1 中山 文仁 医療情報管理部長
専門・得意分野 消化器全般
資格

日本内科学会認定内科医・指導医

日本消化器病学会専門医

ICD制度協議会認定インフェクションコントロールドクター

日本医師会認定産業医

医師名   徳永 英里 消化器内科医師
専門・得意分野  
資格  
医師名   長谷川 章 消化器内科医師
専門・得意分野  
資格  
医師名   朝治 直紀 消化器内科専修医
専門・得意分野  
資格  

 

取扱う主な疾患

消化管(食道、胃、小腸、大腸)、肝臓・胆のう・胆管・膵臓疾患を幅広く診療しています。

治療手技・手術
食道 内視鏡的止血、ポリープ切除術、食道静脈瘤硬化療法・結紮療法、早期食道、癌粘膜切除術(EEMR)、食道狭窄拡張術、食道ステント挿入術
胃・十二指腸 ポリープ切除術、内視鏡的止血術、早期胃癌粘膜切除術、内視鏡的胃瘻造設術
ERCP 内視鏡的乳頭切開術、内視鏡的結石除去術、ERBD,ENBD,胆管ステント挿入術、膵管ドレナージ
大腸 内視鏡的止血術、大腸軸捻転解除、ポリープ切除術、粘膜切除術(EMR)
超音波 肝・膵・腎生検、肝、膵嚢胞穿刺、PEIT,ラジオ波、PTCD、PTAD、PTGBD、内瘻化術

 

診療実績

平成25年度

1)患者数

年間延在院患者数:14,770名
新入院患者数:852名
退院患者数:803名
外来取扱患者数:13,613名

2)検査件数

上部消化管内視鏡:2,533件
大腸内視鏡:1,458件
ERCP:189件
超音波エコー検査:2,030件
超音波内視鏡:12件

3)手術件数

大腸ポリープ粘膜切除術、大腸粘膜切除術:294件
内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD):25件
内視鏡的乳頭切開術:50件
砕石術:29件
ERBD:130件
食道静脈瘤結紮術:13件
経皮経肝胆嚢および胆道、膿瘍ドレナージ:17件
内視鏡的胃瘻造設術:25件
ラジオ波焼灼療法:6件
内視鏡的止血術:35件