各種募集のお知らせ

整形外科

整形外科

外来担当医表

特色

当センターでは、整形外科領域の中でも主に慢性疾患を対象とした診療体制をとっています。

脊椎脊髄疾患と関節疾患に重点をおき、特に脊椎脊髄疾患に関しては、我が国における脊椎脊髄疾患の専門施設のパイオニアのひとつとして、全国的に認知され、診療、研究を行ってきました。

乳幼児から成人、高齢者にいたるまで、あらゆる年齢層の”背骨(せぼね)”の問題に対応可能で、全国から患者さんがお見えになっています。

担当医の紹介
医師名 seikei_uno1 宇野 耕吉(うの こうき)副院長、部長、昭和59年卒
専門・得意分野 整形外科、脊椎脊髄外科(特に側弯症をはじめとした脊柱変形:小児、成人、高齢者)
資格取得 日本整形外科学会専門医、日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医
日本脊椎脊髄病学会指導医
所属学会 日本整形外科学会、日本脊椎脊髄病学会(評議員)、日本側彎症学会(幹事)、日本小児整形外科学会、乳幼児側弯症研究会(幹事)
近畿小児整形外科懇話会(世話人)、
アメリカ側弯症学会(正会員)、
日本脊椎インストゥルメンテーション学会(評議員)
医師名 seikei_inui1 乾 義弘(いぬい よしひろ)医長、平成6年卒
専門・得意分野 整形外科、脊椎脊髄外科(特に変性疾患)、骨粗鬆症治療、
骨粗鬆症による後弯症治療
資格 日本整形外科学会専門医、日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医、
日本脊椎脊髄病学会指導医
所属学会 日本整形外科学会、日本脊椎脊髄病学会、日本側彎症学会
日本脊椎インストゥルメンテーション学会
医師名 seikei_kawakita1 川北 晃平(かわきた こうへい)医長、平成12年卒
専門・得意分野 整形外科、人工関節、脊椎脊髄外科、外傷
資格 日本整形外科学会専門医
所属学会 日本整形外科学会、日本股関節学会、日本脊椎脊髄病学会、
日本人工関節学会、日本側彎症学会
医師名 seikei_suzuki1 鈴木 哲平(すずき てっぺい)医長、平成13年卒
専門・得意分野 整形外科、脊椎脊髄外科(特に側弯症をはじめとした脊柱変形:小児、成人、高齢者)
資格 日本整形外科学会専門医、日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医、
日本脊椎脊髄病学会指導医
所属学会 日本整形外科学会、日本脊椎脊髄病学会、日本側彎症学会、
日本小児整形外科学会
医師名 seikei_dougaki1 堂垣 佳宏(どうがき よしひろ)医員、平成16年卒
専門・得意分野 整形外科、脊椎脊髄外科(特に小児脊柱変形やその他の小児脊椎疾患)、外傷
資格 日本整形外科学会専門医
所属学会 日本整形外科学会、日本脊椎脊髄病学会、 日本骨折治療学会、
日本側彎症学会
医師名   藏川 拓外(くらかわ たくと)医員、平成17年卒
専門・得意分野 整形外科、脊椎脊髄外科(特に側弯症をはじめとした脊柱変形:小児、成人、高齢者)
資格 日本整形外科学会専門医、日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医、
日本整形外科学会認定リウマチ医
所属学会 日本整形外科学会、日本脊椎脊髄病学会、日本側彎症学会
医師名   河本 和泉(こうもと いずみ)医員、平成23年卒
専門・得意分野 整形外科一般
所属学会 日本整形外科学会、中部日本整形外科学会、日本足の外科学会
医師名   髙田 佑真(たかだ ゆま)医員、平成20年卒
専門・得意分野 整形外科一般
所属学会 日本整形外科学会、日本骨折治療学会、
中部日本整形外科災害外科学会
医師名   佐々木 優(ささき ゆう)専修医
専門・得意分野  
医師名   熊谷 直利(くまがい なおとし)専修医
専門・得意分野  
取扱う主な症状・疾患

取り扱う症状:

首や背中、腰の痛み、手足のしびれ、痛み、手足の運動障害(字が書きにくい、箸が使いにくい、歩きにくい)、背中の曲がりなどがあれば脊椎や関節に問題がある可能性がたかく受診をお勧めします

取り扱う脊椎脊髄疾患

●脊柱変形 乳幼児から高齢者までに脊柱変形(側弯・後弯)
 ●変性疾患 頚椎症性脊髄症、椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、
後縦靱帯骨化症
 ●炎症性疾患 結核性脊椎炎や化膿性脊椎炎
 ●外傷 脊椎骨折、脊髄損傷などの外傷
 ●腫瘍性疾患 脊椎腫瘍、脊髄腫瘍、癌の脊椎転移
 ●脊柱変形以外の小児脊椎疾患 環軸椎不安定症、腰椎すべり症、腰椎分離症、環軸椎回旋位固定

 

取り扱う関節疾患:

変形性関節症、慢性関節リウマチ、骨壊死症

取り扱う外傷疾患:

四肢の骨折など

専門外来・検査

専門外来:

●側弯症外来        月・火・水・木・金の午後

●骨粗鬆症外来     火の午後

検 査:

脊髄造影(ミエログラフィー)、椎間板造影、神経根造影、椎間関節造影などを行いますが入院患者さま対象です

治療方法

整形外科というとすぐ入院して手術と考えられがちですが、重症ですぐに手術が必要な患者さま以外は2週間を目安にブロック注射や牽引などの保存治療を優先しています。

当初は手術が必要とされた方でも保存治療で劇的に改善され退院される方も少なくありません。また側弯症に対して行われる装具治療は一日23時間装着が原則ですが、当センターではほとんど全例夜間装着のみで対応し、23時間装着を行っている他の施設と同等またはそれ以上の良好な治療成績をあげています。

手術は内視鏡下のヘルニア摘出術、脊椎固定術(側弯症手術を含む)、椎弓切除術、椎弓形成術、脊髄腫瘍摘出術など400~500件の脊椎手術と50件以上の人工関節手術、その他の手術100件以上で年間600件前後の手術をおこなっています。年間400~500件の脊椎手術は脊椎脊髄病専門施設としては標準的な件数ですが、脊椎手術の中で最も難易度の高い脊椎固定術は年間250件をこえ全国屈指の手術数です。

その中でも側弯症手術は年間150件以上と全国で2番目の手術数を誇っています。

診療実績

平成26年4月1日~27年3月31日
外来新患者数:2,339名
新入院患者数:1,099名

手術件数:576件(うち脊椎手術:424件)
【部位別手術件数】
頚椎手術:82件
胸椎手術:197件
腰椎手術:145件