各種募集のお知らせ

小児科

小児科

外来担当医表

特色・基本方針

当院小児科では、総合病院としての特性を生かして院内関連各科と連携し、地域における成育医療の専門病院として出生直後の新生児から思春期に至るまでのお子様たちの成長に応じた幅広い医療を提供できるように努めています。

産婦人科との連携に寄ってリスクのある新生児の出生の場合には小児科医も分娩に立会い、誕生の時点より適切なケアを提供すると共に、その後も安心・安全な子育てができるよう発育・発達について支援を継続しています。また病院全体の方針として「赤ちゃんにやさしい病院」をめざして母乳育児の支援にも積極的に取り組んでいます。

一般小児の診療では、感染症や川崎病などの急性疾患の診療はもとより、気管支喘息、アトピー性皮膚炎、食事アレルギーなどのアレルギー疾患や慢性腎疾患、肥満や夜尿などといった慢性疾患についても科学的根拠に基づいた標準的な治療指針にそいながらも個々のお子様の症状に見合った丁寧な診療・管理を行うように心がけています。また、こころや行動の問題をもったお子様やそのご家族の為に相談にも応じています

小児救急医療については神戸市の二次救急輪番病院のひとつとして参加しています。

担当医の紹介
医師名 syouni_kobayashi1 小林 明子 小児科部長
専門・得意分野 小児科
資格 日本小児科学会
医師名   本山 史子 小児科医師
専門・得意分野 小児科
資格  
医師名   山根 めぐみ 小児科医師
専門・得意分野 小児科全般
資格 日本小児科学会専門医
取扱う主な疾患
病的新生児・低出生体重児 感染症一般
アレルギー・免疫疾患 腎疾患
血液疾患 呼吸器疾患
消化器疾患 神経疾患
心身症・発達障害  
専門外来・検査

毎週午後2時から4時まで以下の専門外来と検査を行っています。(予約制)

心エコー検査(月) 腎臓(木)
慢性疾患(火) 予防接種(木)
乳幼児健康診査(水)  
治療手技・手術

アレルギー疾患(気管支喘息、食事アレルギー、アトピー性皮膚炎など)、川崎病、各種感染症などの疾患に対しては、根拠に基づいた標準的な治療を提供しております。治療に関するご質問やご希望は遠慮なく担当医にお尋ねください。

診療実績

平成25年度

退院患者数(疾患別):280
 一般小児:125
 新生児:155

主な疾患別、入院患者数(重複あり)
 肺炎:35
 気管支炎、細気管支炎:24
 気管支喘息発作:18
 インフルエンザ:1
 感染性胃腸炎:17
 細菌性腸炎:1
 髄膜炎(無菌性、細菌性):1
 菌血症・敗血症:0
 尿路感染症:1
 川崎病(不全型も含む):8
 熱性けいれん・けいれん重積発作:3
 低出生体重児:21
 多胎児:2
 新生児呼吸障害:8
 新生児黄疸:60