各種募集のお知らせ

呼吸器内科

呼吸器内科

外来担当医表

特色

当院の呼吸器内科は、呼吸器疾患全体を診ることを目標にしています。感染性疾患(肺炎、抗酸菌、誤嚥性肺炎など)、腫瘍性疾患(肺癌、縦隔腫瘍、胸膜腫瘍など)、アレルギー性疾患(気管支喘息、アレルギー性鼻炎、好酸球増多症など)、タバコ関連疾患(COPDなど)、びまん性肺疾患(間質性肺炎、気管支拡張症、びまん性汎細気管支炎など)、胸膜疾患(気胸、胸膜炎、膿胸など)、急性および慢性呼吸不全、睡眠時無呼吸症候群、などの診断、治療、指導を行っています。

診療、診断、治療に際しては他診療科の医師、看護師、検査技師、放射線技師、薬剤師、理学療法士、作業療法士、言語療法士とチームを作り、積極的にカンファレンスを行っています。腫瘍疾患に対して診断、化学療法、放射線療法、緩和ケア療法(緩和ケア内科と協力)、看取りまで行っています。
地域の呼吸器疾患医療に貢献できるよう、かかりつけ医の先生方や他の医療機関と連携を取って頑張っていきたいと考えています。

担当医の紹介
医師名 kokyu_tuchiya1 土屋 貴昭
呼吸器内科部長、感染対策室長兼務
専門・得意分野 呼吸器内科全般(感染症、気管支喘息、COPD、緩和ケア)
資格 日本呼吸器学会専門医・指導医、日本内科学会認定医・総合内科専門医、インフェクションコントロールドクター(ICD)、呼吸器身体障害指定医師
医師名   原 夏実 呼吸器内科医長
専門・得意分野 呼吸器内科全般
資格 日本内科学会認定医、呼吸器身体障害指定医師
医師名 日下部 祥人
 
専門・得意分野 肺癌、緩和ケア
資格 日本内科学会認定医
認定施設

日本呼吸器学会認定施設、日本内科学会認定制度教育病院

診療実績

平成27年度
・入院:356名(延入院患者数:6677名/年)
肺炎:117名、誤嚥性肺炎:27名、抗酸菌症:8名、肺癌:98名、気管支喘息:25名 、COPD:14名、間質性肺炎:26名、気胸・縦隔気腫:19名、膿胸:9名、
その他:13名
・外来:3697名/年
・気管支鏡検査:92件
・呼吸器外科への手術紹介:40件

教育方針

呼吸器疾患全体を診ることを目標に、病歴聴取、診察所見、画像読影、生理検査の解釈、気管支鏡検査の基本手技、胸腔ドレナージの手技、などを指導します。検査方針の決定、治療方針の決定、病状説明を自立して行えるように教育します。学会発表も積極的に行います。

将来計画

呼吸器センターとして地域の呼吸器疾患の診断、治療に貢献することを目標とします。より多くの人材確保、機器の導入、スタッフ教育などを行っていきます。

呼吸器センターについて

呼吸器センターについてはこちら

呼吸器内科の研修について

呼吸器内科の研修紹介はこちら