リハビリテーション科

特色

急性期疾患を対象に、個々の患者様の状態に合わせて、医学的リハビリテーションの一環を担っています。

身体機能を最大限に改善させるために、必要に応じて理学療法、作業療法、言語聴覚療法が実施されます。術後も早期に開始することで、二次障害の発生を防ぎ、運動機能の早期獲得を目指します。

当院が日本有数の脊椎脊髄病治療機関であることから、脊椎脊髄疾患のリハビリテーション件数が多いことも特色となっています。

取扱う主な症状・疾患

取り扱う症状

理学療法では、起き上がり、座位、起立、立位、歩行といった基本的動作の障害がある方を実施します。

作業療法では、トイレ動作、食事動作、整容動作などといった日常生活動作(ADL)の障害がある方を実施します。

言語聴覚療法では、会話やコミュニケーション障害、嚥下障害などといった方を実施します。

 

取り扱う疾患

脳梗塞、脳出血などの脳血管疾患、骨折、関節疾患、脊椎疾患などの整形外科疾患、誤嚥性肺炎、COPDなどの呼吸器疾患、外科手術後や内科疾患などで生じる廃用症候群、がん疾患などです。当院のほとんどの診療科からリハビリテーション科に依頼があり実施しています。

当院では入院患者さんに限定してリハビリテーションを実施しています。外来でのリハビリテーションは、やもえない場合を除き原則的に実施していません。

治療方法

医師の処方のもと、身体の状態に合わせて理学療法、作業療法、言語聴覚療法を実施しています。

施設基準とスタッフ数

当院は、脳血管疾患等リハビリテーション料(Ⅰ)、廃用症候群リハビリテーション料(Ⅰ)、運動器リハビリテーション料(Ⅰ)、呼吸器リハビリテーション料(Ⅰ)、がん患者リハビリテーション料の施設基準を取得しております。今後は心大血管疾患リハビリテーション料も取得しようと考えています。
スタッフ数は、リハビリテーション科部長1名、理学療法士7名、作業療法士4名、言語聴覚士2名です。

外来担当医表

 
リハビリテーション科 川北 晃平

担当医の紹介

リハビリテーション科部長 鈴木 哲平
出身大学
出身高校
福井大学 2001年卒業
県立神戸高等学校
学位
専門・得意分野
博士(医学)神戸大学 2009年取得
脊椎脊髄外科(特に側弯症をはじめとする脊柱変形:小児・成人・高齢者)
所属学会、役職
専門医資格など

日本整形外科学会(専門医、認定脊椎脊髄病医)

日本脊椎脊髄病学会(脊椎脊髄外科指導医)

日本側彎症学会:幹事

日本小児整形外科学会

日本脊椎インストゥルメンテーション学会

日本乳幼児側弯症研究会

近畿小児整形外科懇話会

趣味、特技 スノーボード
ひとこと 丁寧な説明を心がけています
受賞歴

2008年 第19回国際頚椎学会 日本支部奨励賞

2016年 第50回日本側症学会 ベストポスター賞

診療実績

2015年4月1日~2017年3月31日

患者数内訳
平成27年度 平成28年度
運動器 10,753 11,591
脳血管 4,994 5,356
呼吸器 2,566 1,709
廃用症候群 2,419 5,894
がん 539 720
合計 21,271 25,270

単位数
平成27年度 平成28年度
運動器 16,148 16,501
脳血管 7,622 8,505
呼吸器 3,339 2,248
廃用症候群 3,219 8,743
がん 719 1,016
合計 31,047 37,013