各種募集のお知らせ

リハビリテーション科

リハビリテーション科

外来担当医表

特色

当科では、乾医長(整形外科医師)のもと、療法士7名(理学療法士4名、作業療法士2名、言語聴覚士1名)が、各種のリハビリテーションを実施しております。患者さんの心身機能・活動能力の向上を促し、早期の社会復帰に繋げることが、我々の役割です。
当院でのリハビリテーション対象疾患としては、脳梗塞や脳出血に代表される脳血管疾患や、外傷骨折、関節疾患、脊椎疾患などの整形外科的疾患、その他、少数ながら、呼吸器疾患やがんの手術後、内科疾患による廃用症候群などがあります。中でも当院においては、脊椎脊髄病治療機関としての症例が多く、それら脊椎脊髄疾患のリハビリテーションも数多く行っていることが特色となっています。
当科では、主治医からの依頼を受け、リハビリテーション科医師の診察のもと、患者さんの状態に合わせて、各種療法が処方されます。リハビリテーション開始後は定期的な回診や、カンファレンスを通して、医師や病棟看護師との情報交換を行い、協力して、患者さんの療養をサポートいたします。また患者さんが退院される際には、在宅生活での工夫や注意点などをアドバイスさせていただきます。
※外来リハビリテーションは、やむを得ない場合を除き、原則的に実施しておりません

スタッフ紹介
医師名 seikei_inui1 乾 義弘(いぬい よしひろ)リハビリテーション科部長、平成6年卒
専門・得意分野 整形外科、脊椎脊髄外科(特に脊椎変性疾患、頚椎症性脊髄症、腰部脊椎管狭窄症、腰椎椎間板ヘルニアなど)
資格取得 日本整形外科学会専門医、日本整形外科学会脊椎脊髄病医、日本脊椎脊髄病学会脊椎脊髄外科指導医
所属学会 日本整形外科学会、日本脊椎脊髄病学会、日本脊椎インストゥルメンテーション学会、日本側弯症学会

理学療法士 : 男性スタッフ3名、女性スタッフ1名、計4名
作業療法士 : 男性スタッフ2名、計2名
言語聴覚士 : 女性スタッフ1名、計1名

診療内容

理学療法
脊椎脊髄疾患、脳血管障害などの運動機能障害を有する入院患者さんに対し、エルゴメータやトレッドミル、平行棒等を用いた運動療法(四肢や躯幹の筋力、可動域訓練および歩行訓練等)を行っています。また、外科術後や内科的治療により生じた廃用症候群を有する患者さんに対して、早期離床・機能回復を目的とした理学療法にも積極的に取り組んでいます。
作業療法
脊椎脊髄疾患や脳血管障害により、生活に何らかの支障をきたした時に様々な作業活動を用いて、食事や着替えがうまくできないなど、日常生活が困難になっている方に対して、作業活動を用いて心身機能の回復・維持を図ります。
また、手助けとなる道具を作成や、方法の指導、生活環境のアドバイスなど在宅復帰へその方に応じた日常生活活動や手芸、工芸、絵画など楽しみながら、様々な作業活動を提案し入院中や退院後の生活がその人らしく過ごせるように支援していきます。
言語聴覚療法
脳血管障害や咽喉頭部の手術などにより、失語症や発声・構音障害を有する患者さんに対して、会話やコミュニケーションの改善に取り組む言語聴覚療法と、医師・看護師・栄養士等との連携のもと、嚥下サポートチームを形成し、摂食嚥下障害を有する患者さんにアプローチする摂食機能療法も行っています。
また整形外科・脳外科の病棟回診にも同行して、情報交換を行っています。