Q4.セカンドオピニオンを受けたいが担当医との信頼関係が壊れるということはないですか?

今日では、ある病院で治療する場合、あるいは治療している場合でも、他の専門病院での見解(セカンドオピニオン)を聴くことは、患者さんの当然の権利であると考えられています。セカンドオピニオンを受けることは、決して担当医との信頼関係を壊すことではありません。治療を受けるのは患者さん自身ですから、どういう治療を受けるにしてもあなた自身がその治療を十分理解して、納得して治療を受けることが大切です。セカンドオピニオンを受けた後、その内容を担当医に報告する約束をし、その先の相談に乗っていただきたいとお願いをすれば気まずくなることはないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA