Q2.抗がん剤はどのような目的で行われるの?

がんの治療では、がんの種類や大きさ、部位、かたまりなのかそうでないのかなどによって、手術・抗がん剤・放射線などを単独でもしくは組み合わせて行います。
抗がん剤治療の目的はがんの種類や進行にもよりますが

  1. がんを治癒させるため。
  2. がんが転移・再発するのを防ぐため。
  3. がんの成長を遅らせるため。
  4. 体のほかの部位へと転移しているかもしれないがん細胞を殺すため。
  5. がんによって起こる症状を和らげるため。

におこなわれます。
抗がん剤治療は、内服薬や注射薬によって全身へくまなく抗がん剤をいきわたらせることにより、全身へ広がる可能性のあるがん細胞やすでに他の場所へ転移したり、全身へ広がっていると考えられるがん細胞を治療するものです。