各種募集のお知らせ

医療安全管理室

医療安全管理室

医療安全管理に対する理念

「安心・安全な医療の提供」

当センターにおいて提供する医療は、最新・最良の内容のものである事を目指しています。「良質な医療」というのは、「安心且つ安全な医療」という事も含まれています。医療安全管理室では、様々な工夫と努力を行い、当センターで診療を受けられる皆様に、安心で且つ安全な医療を提供できる体制作りを常に目指しています。

医療安全管理室 室長 宇野 耕吉

医療安全管理に関する組織体制

組織構成 医療安全を担う組織は以下の会議と構成員で構成している。

●医療安全管理委員会
趣旨 医療安全管理の責任的立場にある者の協議による医療安全管理体制の確立 
内容 医療安全管理、医療事故への対応に関する全般的事項
構成員 委員長・・・・・医療安全管理室室長(副院長)
副委員長・・・医療安全管理者(医療安全管理係長)
委員・・・・・・・統括診療部長、外来診療部長、感染対策室室長、薬剤部長、看護部長、事務部長、管理課長、経営企画室長、副看護部長、書記:医療安全管理者
開催日 月1回(第4木曜日)
●医療安全推進検討部会
趣旨 医療安全管理委員会で決定された方針に基づき、組織横断的に施設内の医療安全管理を担う。
内容 医療安全に関する日常活動、医療事故発生時の指示、指導等
医療安全対策推進に関する事項、医療安全会議に関する庶務
構成員 部会長・・・・・統括診療部長
医療安全管理者(医療安全管理係長)
委員・・・・・・・病棟診療部長、外来診療部長、リハビリテーション科部長、脳神経外科部長、緩和ケア内科医長、副薬剤部長、臨床検査技師長、診療放射線科技師長、手術室看護師長、3階看護師長、5階看護師長、理学療法士長、栄養管理室長、主任臨床工学技士、庶務班長、専門職、書記:構成員による輪番制
開催日 月1回(第2月曜日)
●医療安全推進担当者
趣旨 各部門の医療安全管理の推進に資するため、医療安全推進担当者を置く。
内容 医療安全管理室の指示により各職場の医療事故防止並びに医療安全管理に関する体制整備、職員への医療安全意識向上への働きかけ、安全管理委員会決議事項の各職場への周知徹底
構成員 各部門の長
●患者さま相談窓口
趣旨 医療安全に対する患者さまからの苦情、相談に応じられる体制を確保するためにセンター内に常設。
担当者 専門職
開設時間 平日8:30~17:15
●医療事故に関する調査委員会組織

神戸医療センターで発生した医療事故について、客観的立場から事故の事実確認及び原因究明を行い、その改善策を検討し、医療安全体制の向上を図る。

<A>事例検討会

趣旨 医療事故のうちアクシデントレベル3以下の事例について、事故発生の原因を客観的に分析し、改善策の検討及び検証を行う。
内容 事例の原因が不明確なもの、原因に医療過誤が疑われるもの、医療安全管理委員会が必要とみなしたものを対象とする。
構成員 部会長(統括診療部長)
医療安全管理者(医療安全管理係長)、当該事故が発生した部門の医療安全推進担当者、当該事故の当事者及び関係者、その他、医療安全管理委員会委員長が指名する者
庶務:医療安全管理室  書記:企画課専門職

<B>医療事故調査委員会

趣旨 医療安全管理委員会委員長はアクシデント4以上の事故が発生した場合は、速やかに医療事故調査委員会を開催する。
内容 客観的な立場から事故内容について審議・検討する。
構成員 院長、副院長(医療安全管理委員会委員長)、医療安全管理者(医療安全管理係長)、部会長(統括診療部長)、看護部長、副看護部長、事務部長、企画課長、管理課長、経営企画室長、当該医療事故当事者が属する部門の長、当該医療事故当事者、当該医療事故に関連する部門で医療安全管理委員会委員長が指名する者、または他に指名する者
庶務:管理課  書記:企画課専門職

<C>外部医療事故調査委員会

趣旨 院長は必要とする事例が発生した場合は、当センター以外の職員により構成する外部医療事故調査委員会を開催する。
内容 医療事故調査委員会から要請があった場合、医療事故が社会的関心を引き起こした等の理由、医療事故内容が著しく専門性が強い等に理由により、当センター以外の専門家の意見を聞く。
構成員 事故の関連する分野にかかる当センター職員以外の専門家3名以上、院長、副院長(医療安全管理委員会委員長)、外部委員が指名した当センター職員、外部委員が院長、副院長の出席を要しないと判断した場合は、出席できない。
庶務:管理課 書記:企画課専門職
活動実績

平成28年度医療安全管理室活動状況(PDF形式)