各種募集のお知らせ

第48回市民公開講座を開催しました

第48回市民公開講座を開催しました

 

平成29年5月18日、当センターにおいて主に近隣の住民の方々を対象に第48回市民公開講座を開催させて頂きました。当日は天候にも恵まれ約30人の方々にご参加いただきました。ご来場いただいた市民のみなさま、そして開催にご尽力していただいた職員のみなさまに感謝します。

最初に三輪陽一内科系診療部長よりご挨拶いただき、その後約1時間の講演の中で大腸の悪性疾患、良性疾患、その疫学、診断、治療などについてお話しました。

特に大腸癌は日本において罹患率、死亡率ともに増加傾向にある疾患であり、また新薬も次々に開発、市場で販売されている状況にあります。その中で診療ガイドラインなどが短期間のうちに改訂されているのが現状です。よって我々医療者側にとっても最新の知見を随時確認しておく必要があります。

大腸疾患をお持ちの患者さん、そしてそのご家族の方々が中心であったのだろうと思いますが、みなさま真剣に話に耳を傾けてられている姿がとても印象的でした。私のほうもその熱意に負けないように、また様々な思いに応えられるよう講義しました。内容はもちろんのこと出来るだけ専門用語は避け平易な言葉を選びましたが、ご来場いただいたみなさまの病態、疾患に対する理解の一助になれたなら幸いです。最後の質問時間においてもお話しをいただき私にとっても大変有意義な時間となりました。

今後もこの市民公開講座が継続できるよう微力ながら支えさせてもらいます。この度は誠にありがとうございました。