各部署の紹介

3階東

外科、整形外科、耳鼻科、泌尿器科、皮膚科を担当する外科系病棟です。消化器外科では、人工肛門の造設をされる患者さんも多くおられます。皮膚・排泄ケア認定看護師と連携をとりながら、患者さん自身が人工肛門(ストーマ)を受容し、セルフケアを確立していけるよう支援しています。また外科系の5診療科の混合病棟であるため毎日手術があります。周手術期から回復期の患者さんに対し、不安なく手術を受けられるように支援し、安心して退院後の生活を過ごせるように、退院調整看護師と連携をとりながら看護を行っています。

image41

3階南 / ICU・CCU

主に外科・脳外科・循環器内科を担当する病棟です。3階南病棟は、急性期から回復期に至るまでの患者さんの看護を行っています。早期回復に向けた安全な看護を実施し、医療チームと協働して安心した入院生活が送れるように、看護を行っています。

ICU/CCUでは、集中的な治療・看護を必要とする患者さんの急性期看護を行っています。侵襲的処置が必要になる場合も多いため、患者さんの身体的・精神的・社会的苦痛を理解し、苦痛の緩和に努め、全身状態の回復、合併症の予防、生活の質の維持向上を図るための援助を行っています。

image12

4階

40床の産婦人科・小児科の混合病棟です。産科では自然分娩を基本とし、良質安全な医療の中に家庭的なあたたかさ、やさしさをこめたサービスをモットーにしています。また、母と子の愛着形成と食育の観点から母乳育児を推進し「赤ちゃんにやさしい病院(BFH)」に認定されています。退院後1ヶ月健診まで、母乳で育てておられるお母さんを継続して支援しています。

婦人科では主に腹腔鏡手術などの手術療法や化学療法を受けられる患者さんが、早期に社会復帰できるよう、日常生活の援助や精神的サポートを行っています。

小児科では、急性期にあるさまざまな年齢の子供を対象に、安全で楽しい入院生活が送れるよう、子供の個性を尊重し、各発達段階に応じた看護を提供しています。

image22image31

4階東

50床の整形外科の病棟です。主に脊椎疾患の患者さんが多く入院されていますが、近年は関節疾患や骨折患者さんの受け入れも多くなっています。脊椎疾患の患者さんでは、入院後、確定診断のために画像・透視下検査を受け、牽引・部位に応じたブロック注射・ギブス固定などの保存療法を行い、その結果手術が必要な方は後日手術を受けられます。手術後は患者さんに安全・安楽な療養環境を提供しリハビリ科や各チームと連携して、早期離床・日常生活行動の拡大ができるように取り組んでいます。

image4image5

5階東

50床の内科・消化器内科の混合病棟です。上下部内視鏡を使用した治療・検査や糖尿病教育入院を中心に、早期退院に向けたより良い治療・看護を目指しています。

近年は、ご高齢の患者さんの入院も多く、患者さんやご家族の意向を尊重し、退院後の生活を見据えた看護・支援を行っています。また、医療チーム間や患者・家族参加によるカンファレンスを行い、患者さんおよびご家族の希望や意思を尊重しながら、個々の思いに添った看護を大切にしています。

image6image7

5階西

40床の内科・呼吸器内科・放射線科・眼科の混合病棟です。

がん化学療法・放射線療法・疼痛コントロール目的の入院や、眼科ではパスを使用した白内障の手術が主になっています。がん疾患患者さんは、苦痛や不安を抱えている方が多く、そんな患者さんやご家族の思いに寄り添った看護ができるように日々努めています。また、医療チーム間で連携を図り、入退院を繰り返されている方も安心して地域へ戻れるように緩和ケア・在宅支援にも力を入れています。

image8

5階南

40床の循環器内科、脳外科、内科の混合病棟です。循環器内科は心臓カテーテル検査やペースメーカー植え込み術、脳外科では脳梗塞や脳出血、慢性硬膜下血腫の手術前後の患者さんが主に入院しておられます。入院による環境の変化、術後の身体的変化に対応できるように患者さんに寄り添い、退院後の生活を見据えた看護を行っています。また、ADL低下を予防しQOL維持や身体機能の回復を目指し、早期リハビリに取り組めるようにコメディカルと連携し、自立へ向けた援助・看護を提供しています。

image9

外来

外来は25診療科と、緊急の対応を行う救急外来、採血や点滴を行う処置室、抗がん剤治療を行う外来化学療法室、他院との窓口を行う地域連携室、内視鏡検査や放射線治療の検査治療部門があります。1日外来患者数は約450名です。

患者さんが安全・安心・安楽に医療を受けていただけるように、素早い対応を心がけています。また、診察待ちの間を少しでも安楽に過ごしていただけるように、音楽を流したり、待ち時間の案内表示を行う等、待合環境を工夫しています。診療科の窓口では、看護師とクラークがおり、常に検査などへの質問にお答えし、不安なく検査が受けられるようにしています。

image10

手術室

外科・整形外科・産婦人科など様々な診療科の手術を実施しています。術前・術中・術後訪問を行い、継続看護を実施しています。

術前訪問では、小児の患者さんに対して、親しみやすい紙芝居を用いた説明を行っています。また、側彎症手術の小児の患者さんは複数回手術を受けられるため、看護師を受け持ち制とし継続看護に努めています。術中訪問では手術時間の延長など状況に合わせ、ご家族に主治医や担当看護師が経過を伝えています。術後訪問では、手術室で感じたこと、困ったことなどを聞いて今後に活かせるようにしています。手術中は患者さんの好みの音楽を流すなど、できるだけ要望に応えられるようにしています。患者さんが安全に安心して手術が受けられるようにスタッフ全員で頑張っています。

ope