看護部の教育

教育プログラム

『ともに感じ ともに育ち ともに輝く』

人として、看護師として、共に成長することを目指しています

看護師全員が新人看護師を支えることで、共に成長することを目指しています。

新人看護師の職場への順応・リアルティショック緩和のために、2~3年目の看護師は、環境調整や心理的サポートの役割(プリセプター)、4年目以上の看護師は、看護技術・専門的知識習得に向けた指導の役割を担っています。

このように、新人看護師を職場全体で育て、支援する中で、教える側も教わる側も成長できると考えています。

教育理念

病院・看護部の理念に基づき、豊かな感性と高い倫理観を備え、良質な看護サービスを提供できる助産師・看護師を育成する。また専門職業人としての自己のキャリアを開発し、自己実現できる看護師を育成する。

 

教育目標

  1. 社会人・専門職業人としてコミュニケーション技術を身に付け、患者・家族・医療チーム内の人間関係を良好に保つことができる。
  2. 患者の人権を尊重し、全人的な視点・看護の視点に基づいたケアを創造することができる。
  3. 科学としての知識と専門職としてのスキルの研鑚を継続し、患者の状態や個のニーズに応じた適切な看護サービスを提供することができる。
  4. 各自が主体的に生き方のテーマや仕事の目標を選択し、仕事を通して自律し成長し続けることができる。
  5. 学生・新人・後輩の育成に関わりながら、共に成長する機会を大切にすることができる。

国立病院機構の理念に沿った看護を実践できる看護師をACTyナースと称します

年間教育計画

教育担当者を中心に、先輩看護師全員で新人の成長を支えます

教育担当者(副看護師長)が中心となって、看護実践の場面を通してスタッフ全員で指導を行います。スタッフ全員が指導者なので、疑問や不安に思うことがあればいつでも聞くことができます。経験豊富な先輩看護師の多様な看護実践を見て聞いて学ぶこともできます。また、新人看護師の不安や悩みを聞く身近な相談者としてプリセプターがいます。新人看護師の心強いサポーターです。


自分の経験を活かして新人看護師をサポート  

知識・技術の習得だけでなく働きやすい環境づくりにも努力しています

キャリア開発

専門職業人として自己のキャリアを開発し、自己実現できる看護師を育成します。

「看護職員能力開発プログラムVer2」に示された看護師として持つべき能力を基に、機会教育(OJT)と集合研修(OFF-JT)を通して段階的に学び、自らリフレクションしながら目指す看護に向かってステップアップしていきます。

さらに、看護管理者・看護教員、より専門性の高い看護を目指し、専門看護師・認定看護師への道を選択し、学んでいくことができます。また、ジェネラリストとして多くの医療分野の看護を経験し、EBMに基づいた正確で丁寧な看護実践能力を備えた看護師になるために様々な研鑚を積むことができます

 

年間計画拡大版はこちら

★近隣の看護職の方にもご参加いただけます

専門・認定看護師による研修
がん看護専門看護師、老人看護専門看護師、皮膚・排泄ケア認定看護師による研修を、毎月1回程度実施