看護部のご案内

看護部長挨拶

髙田 幸千子

当センターは、304床の急性期の総合病院です。

私たちは、急性期から回復期、慢性期、そして終末期、また、病院と在宅・地域へと様々なstageを歩む患者さんの命、生活、人生を支えています。専門職としての覚悟を育み、総合的な実践力を持った看護師の集団であるよう、『ともに感じ、ともに育ち、ともに輝く』をモットーにしています。

当センターの強みは、『お互いの顔がみえる』ことです。よく、アットホームな雰囲気である、とお褒めの言葉をいただきます。私は、『ともに』の精神が根づいている証であると思っています。看護実践においても、患者志向性を軸に、理念である『納得・安心・満足の看護』の実現に全員一丸で取り組んでいます。

看護部理念

患者さんに納得・安心・満足していただける看護を提供します。

看護部活動方針

  1. 患者さんを守り、患者さん自身が治療・看護に参加できるよう支援します。
  2. 患者さんに安心していただけるよう、専門職としての知識・技術・人格を磨き、看護を実践します。
  3. 政策医療を中心として専門的看護を実践し、地域社会貢献につとめます。
  4. 良心的なサービス向上にむけ、個々の資質向上につとめます。

平成30年度看護部目標

  1. 患者中心の思考で根拠に基づいた看護を実践していく
  2. 患者の地域と病院との円滑な移行を実現していく
  3. 病院の経営改善に関与していく
  4. 教育力を高め、全員で成長していく

看護部概要

  • 看護体制 7:1
  • 勤務体制 2交替(全病棟)
  • 看護方式 固定チームナーシング