診療科研修概要

麻酔科プログラム

1.診療科(専門領域)
麻酔科

2.研修期間
3年

3.募集人数
1名

4.短期目標
【1年目】

・短期目標:麻酔の基本的な知識と技術を習得する。

・前半は上級医とともに、後半はひとりで患者の術前評価、麻酔計画の立案、患者への説明ができるようになること。

・静脈路の確保、気道確保、マスク換気、挿管、動脈内カテーテル留置、中心静脈カテーテル留置、硬膜外穿刺、クモ膜下穿刺などの基本的手技の習得。

・挿管困難でない患者の挿管がスムーズにできること。

・ラリンゲルマスク、エアウェイスコープ、トラキライト、気管支ファイバーなど各種気道確保器具の使用法を習得すること。

・麻酔薬、筋弛緩薬、循環作動薬など術中使用薬の使用法についての知識の習得。

・創痛対策を含めた適切な術後管理ができるようになること。

・週2回の抄読会参加。

・週3回のICU回診参加。

【2年目】

・合併症のある患者の術前評価、麻酔計画立案、患者への説明ができるようになること。

・挿管困難の予想と対策、麻酔計画の立案ができ、種々の道具を使いこなしての気道確保、挿管手技を磨く。

・緊急時の対処が主体的に行えること。

・週2回の抄読会参加。

・週3回のICU回診参加。

【3年目】

・厚生労働省の麻酔科標榜医資格、日本麻酔科学会認定医資格を取得する。

・挿管操作に習熟すること。

・緊急手術もひとりで対応できるようになること。

・研修医の指導に積極的に参加する。

・日本麻酔科学会の専門医、指導医取得にむけて研鑽を積む。

5.短期取得手技
全身麻酔、硬膜外麻酔、脊椎麻酔、また、それらの併用麻酔に要する一般的な手技の取得。

挿管困難に対処する特殊な挿管技術の取得。

多種多様な合併症を持つ脊椎疾患患者の麻酔管理に要する手技の取得。

6.診療科の実績と目標症例数
症例数と手術件数の調査年度

手術 件数(年間) 目標件数(3年間)
全身麻酔 992 500
ブロック麻酔 122 100

 

7.診療科の指導体制
診療科医師数 常勤3名、非常勤●名
専修指導にあたる医師3名
主として専修指導にあたる医師の氏名 石川 麻子
主として専修指導にあたる医師の診療科経験年数26年

8.コンセプト
 脊椎手術、特に頸椎症、側弯症に対する手術が多いことです。それゆえ、他の一般病院に比べて①挿管困難症例 ②生活年齢より小さい小児症例 ③先天的疾患合併症例に遭遇する機会が多々あります。これらの麻酔管理は細心の麻酔計画とそれを行う技術が要求されますが、麻酔科医をめざす者にとっては、希ではあるが避けて通れない麻酔科管理研修の貴重な機会を与えてくれます。

 ちなみに、いままでに経験した疾患は骨形成不全、軟骨形成不全、Marfan症候群、Prader-Willi症候群、Angelman症候群、二分脊椎、重症筋無力症、レックリングハウゼン症、Sotos症候群、鎖骨頭蓋異形成症、無痛無汗症ほか多数です。

 しかしながらこのような特殊な症例だけでなく、外科、呼吸器外科、脳神経外科、産婦人科、耳鼻科、泌尿器科など多岐にわたる手術が行われており、幅広く偏りのない麻酔管理を経験できます。

(但し、心臓血管外科はなく、他院での研修になります。)

9.共通領域研修について
院内・院外での関連領域の研究会、勉強会などへの積極的な参加を促す。