診療科研修概要

麻酔科コース

1.診療科(専門領域)
麻酔科

2.コースの概要
・卒後臨床研修2年修了者を対象とする3年間のコース。

・1年目は全身状態のよい手術患者の麻酔症例を中心に研修する。

・2年目は合併症を持つ手術患者の麻酔症例を中心に研修する。また他施設において心臓麻酔の研修をする。(3年目になることもある。)

・3年目はとくに挿管困難、重篤な先天性合併症を持つ手術患者の麻酔症例を中心に研修する。

・1~3年を通じでICU患者管理についても学ぶ。

・ペインクリニックは当院では行っていないが、院内の緩和医療チームの要請を受けて活動することはあり、2年目以降は希望によりこのような活動の研修をすることも可能。

3.取得資格
厚生労働省の麻酔科標榜医の資格(麻酔科を標榜するために必須の資格)

日本麻酔科学会認定医資格

4.長期目標
 手術患者の麻酔管理全般の知識、技術の習得。

とくに、当院の特徴である頸椎疾患者、先天性骨、軟骨疾患患者の挿管、麻酔管理、術後管理に習熟すること。

 日本麻酔科学会認定医取得から2年の専従期間を経て受験資格が与えられる日本麻酔科学会専門医、さらには指導医の資格取得をめざす。

5.取得手技
全身麻酔、硬膜外麻酔、脊椎麻酔、また、それらの併用麻酔に要する一般的な手技の取得。

挿管困難に対処する特殊な挿管技術の取得。

多種多様な合併症を持つ脊椎疾患患者の麻酔管理に要する手技の取得

6.研修期間
3年間

7.募集人数
1名

8.診療科の実績と経験目標症例数
症例数と手術件数の調査年度

手術 件数(年間) 経験目標件数(3年間)
全身麻酔 992 500
ブロック麻酔 122 100

 

麻酔科管理症例                    1114

           全身麻酔                     992

            このうち   頸椎および側腕手術    158

        ブロック麻酔(硬膜外、脊椎、併用)        122

9.診療科の指導体制
診療科医師数 常勤3名、非常勤●名
専修の指導にあたる医師3名
主として専修指導にあたる医師の氏名 石川 麻子
主として専修指導にあたる医師の診療科経験年数26年

10.コンセプト
 脊椎手術、特に頸椎症、側弯症に対する手術が多いことです。それゆえ、他の一般病院に比べて①挿管困難症例 ②生活年齢より小さい小児症例 ③先天的疾患合併症例に遭遇する機会が多々あります。これらの麻酔管理は細心の麻酔計画とそれを行う技術が要求されますが、麻酔科医をめざす者にとっては、希ではあるが避けて通れない麻酔管理研修の貴重な機会を与えてくれます。

11.一般目標
1) 手術室における臨床麻酔の研修

2) ICU患者管理についての研修

3) 創痛対策を含めた術後管理の知識と技術の習得

4) 2年後の麻酔科標榜医、日本麻酔科学会認定医資格の取得

12.関連領域の専修に関して
施設内での専修      可能
施設外との交流専修    可能
専修領域の決定      本人の意思を指導責任者が聴取し決定します。

13.共通領域専修について
院内・院外での関連領域の研究会、勉強会などへの積極的な参加を促す。