診療科研修概要

産科婦人科コース

1.診療科(専門領域)
産科・婦人科

2.コースの概要
産婦人科領域における広い知識・錬磨された技量と、高い倫理性をすべて備えた産婦人科専門医を養成する

3.取得資格
1) 国立病院機構による診療認定医(I)資格
2) 日本産科婦人科学会専門医(受験資格)
3) 母体保護法指定医

4.長期目標
将来、産婦人科医療におけるサブスペシャリティーのいずれかを選択するに際しても、継続的に知識・技量を積み重ねることが出来るために、必要かつ十分な修練の場を提供する。また、医療人として求められる豊かな人間性や教育・指導能力を獲得することができるよう支援する。

5.取得手技
産科・婦人科基本診断手技(経腹および経腟プローブによる骨盤腔内超音波断層法診断、コルポスコピー、子宮頚部および体部細胞診・組織診検体採取

産科・婦人科基本手術手技(術者:腹式帝王切開術、腹式および膣式単純子宮全摘術、良性卵巣腫瘍核出術、子宮筋腫核出術、子宮頸管縫縮術、子宮脱根治術、助手:広汎子宮全摘術、後腹膜リンパ郭清、広汎外陰切除術)

6.研修期間
3年間

7.募集人数
2名(2プログラムを設定しており、各1名ずつ)

8.診療科の実績と経験目標症例数
症例数と手術件数の調査年度

主要疾患 入院数(年間) 経験目標症例数(3年間)
子宮筋腫 50 20
子宮頚部癌および上皮異形成 45 10~15
子宮体癌および子宮内膜増殖症 25 10~15
卵巣癌 25 5~10
子宮内膜症 5 5
良性卵巣腫瘍 20 20
子宮脱 10 10
妊娠に伴う異常 50 20~40
他科疾患偶発合併妊娠 15 10~20
分娩目的(異常分娩含む) 230 120~150

 

手術 件数(年間) 経験目標件数(3年間)
正常経腟分娩 158 80~100
吸引分娩 18 10~15
腹式帝王切開術 51 20~40
単純子宮全摘術 50 30
広汎子宮全摘術 5 3~5
卵巣癌根治術 10 3~5
子宮頚部円錐切除術 20 5~10
子宮脱手術 10 5
子宮外妊娠手術 3 1~5
子宮内容除去術 30 30

 

9.診療科の指導体制
診療科医師数 常勤3名、非常勤●名
診療科研修の指導にあたる医師3名
主として研修指導にあたる医師の氏名 武内 享介
主として研修指導にあたる医師の診療科経験年数31年

10.コンセプト
1) 産科および婦人科のいずれの診療領域においてもプライマリーケアが確実に実践できる臨床プログラムを提供する。
2) 上記の目的に沿う関連領域の研修も行えるようにする。
3) 将来のサブスペシャリティー選択の基礎となる能力の獲得ができるような、また、継続性も踏まえた研修が可能となるようにする。

11.一般目標
患者を全人的にとらえてその問題点の解決に向かうことのできるような医療を展開出来ることを第一の目標とし、かつ、社会との関わりを常に意識した高い倫理性に基づいた実践できる能力、幅広い視野を育成する。

12.関連領域の研修に関して
施設内での研修 可能
施設外との交流研修 可能
研修領域の決定 本人の意向を研修責任者が聴取し本人との相談で決定します。

13.共通領域研修について