診療科研修概要

放射線科コース

1.診療科(専門領域)

近年の医療において画像診断とIVRの果たす役割は大きく、その技術の習得は、悪性腫瘍疾患に関わろうとする医師にとって不可欠である。また、放射線治療は悪性腫瘍の治療法として重要な位置を占め、精度の高さが要求される。

2.コースの概要

当科の研修により、全科のCT・MRIと循環器以外の核医学検査、および肝・胆・膵・気管支の血管造影とIVR、放射線治療をマスターできる。

3.取得資格

放射線専門医修練機関(放射線診断学・核医学、放射線治療)の認定を受けている。

診療認定医(Ⅰ)

4.長期目標

画像診断のレポート作成、他科のconsultに対応ができるようになる。

血管造影・IVRの適応の決定、基本的手技の習得ができるようになる。

放射線治療の適応の決定、患者の診察、治療計画が行えるようになる。

病床業務の習得。

5.取得手技

胸腹部の単純X線診断、胸腹部・頭部・副鼻腔のCT診断。

胸腹部・頭部・頚部・骨盤・骨軟部のMRI診断。画像診断に必要な問診法。

血管造影診断法とIVRの基本技術。放射線治療法。透視検査法。

病棟業務(問診、診察、検査計画、治療計画)。以上の習得。

6.研修期間

3年間

7.募集人数

2名

8.診療科の実績と経験目標症例数

症例数と手術件数の調査年度
主要疾患入院数(年間)経験目標症例数(3年間)
肺癌90(3年間)90(3年間)
肝細胞癌90(3年間)90(3年間)

 

手術件数(年間)経験目標件数(3年間)
肝動脈塞栓術・血管造影360(3年間)300(3年間)

9.診療科の指導体制

診療科医師数 常勤4名、非常勤●名

診療科研修の指導にあたる医師4名

主として研修指導にあたる医師の氏名 森田 吉多佳

主として研修指導にあたる医師の診療科経験年数23年

10.コンセプト

臨床に対応できる放射線科医の育成

11.一般目標

放射線科専門医の習得

12.関連領域の研修に関して

施設内での研修 可能

施設外との交流研修 不可

研修領域の決定 本人の意向を研修責任者が聴取し本人との相談で決定します。

13.共通領域研修について