診療科研修概要

小児科コース

1.診療科(専門領域)
小児科

2.コースの概要
このコースでは、2年間の初期臨床研修を終了した医師を対象に、新生児から思春期にいたるまでの発達の段階に応じた小児に対する診療技能を修得し、小児科専門医の資格を取得するに足る能力を身につけることを目的としている。

3.取得資格
国立病院機構による診療認定医(Ⅰ)資格。
日本小児科学会認定小児科専門医の認定試験受験資格

4.長期目標
小児科専門医としての専門的知識と一般的技能の習得
将来、サブスペシャリーティーを得て診療能力を高めることのできる基礎能力の習得

5.取得手技
心エコー、腰椎穿刺、骨髄穿刺などの検査手技
気管内挿管、人工換気療法などの呼吸管理
経静脈栄養などの栄養管理

6.研修期間
3年間

7.募集人数
1名

8.診療科の実績と経験目標症例数
症例数と手術件数の調査年度

主要疾患 入院数(年間) 経験目標症例数(3年間)
肺炎・気管支炎 100 90
感染性胃腸炎 100 90
川崎病 10 12
気管支喘息 50 50
低出生体重児 40 40
髄膜炎 8 12

 

手術 件数(年間) 経験目標件数(3年間)
   

 

9.診療科の指導体制
診療科医師数 常勤3名、非常勤●名
診療科研修の指導にあたる医師3名
主として研修指導にあたる医師の氏名 小林 明子
主として研修指導にあたる医師の診療科経験年数21年

10.コンセプト
小児医療の特徴を理解し、成長・発達についての知識を深め、小児を取り巻く環境に対する配慮できる視野の広い臨床医を育む。

11.一般目標
救急医療:小児期の救急疾患の重症度を適切に判断して緊急時の対応ができる。関連各科との連携がとれる。
新生児医療:新生児の生理を理解し、低出生体重児や病的新生児に対する適切な診療ができる。
小児保健と育児支援:小児の発達や疾病予防についての知識を深め、家庭や社会との連携しながら支援ができる。
病態研究:自ら臨床的探究心を養い、小児疾患の病態の究明に関わることができる能力を身に着ける。
安全管理:小児の特殊性を理解して安全な医療の遂行するための方策を身につけ実施することができる。

12.関連領域の研修に関して
施設内での研修 可能
施設外との交流研修 可能
研修領域の決定 本人の意向を研修責任者が聴取した上で決定する。

13.共通領域研修について
月1回、産科と合同での周産母子センターカンファレンスを開催し、レクチャーを行う。