診療科研修概要

外科腫瘍学プログラム

1.診療科(専門領域)

外科手術学、化学療法、放射線療法

2.研修期間

12ヶ月

3.募集人数

1-3名

4.短期目標

  • 外科の基礎知識
  • 外科手術学
  • 化学療法習熟
  • 外科診断学(腹部超音波、乳腺超音波)

5.短期取得手技

6.診療科の実績と目標症例数

症例数と手術件数の調査年度
主要疾患 入院数(年間) 経験目標症例数(12ヵ月間)
肺がん 80 40
乳がん 60 40
大腸がん 40 20
肝がん 10 6
胆嚢がん 5 2
胆管がん 5 2
膵臓がん 5 2
食道がん 5 2

 

手術 件数(年間) 経験目標件数(12ヶ月間)
肺がん 60 20
乳がん 50 20
大腸がん 30 20
肝がん 20 4
胆嚢がん 5 2
胆管がん 5 2
膵臓がん 5 2
食道がん 5 2

7.診療科の指導体制

診療科医師数 常勤5名、非常勤●名

診療科研修の指導にあたる医師5名

8.コンセプト

  • 外科の基礎を理解し、すべての消化器癌、乳がんに対するマネジメント可能になれる。
  • 各手術の第一助手が指導なしにできる
  • 外科癌化学療法の理論を理解し、各症例に対する適切なレジメンを選択でき、正しい量、正しい期間で行える。

9.共通領域研修について

外科学会認定医の外科学カリキュラムと一部同等のプログラムである。