診療科研修概要

外科基礎コース

1.診療科(専門領域)
外科

2.コースの概要
臨牀研修2年修了者を対象とする。
外科基礎プログラムを選択する。
一般外科・消化器外科・乳腺外科は外科で、
心臓・血管・呼吸器は呼吸器外科で研修。

3.取得資格
国立病院機構による診療認定医(Ⅰ)資格。
日本外科学会認定専門医受験資格。

4.長期目標
1.外科一般の専門知識の修得。
2.外科専門コースに進むのに必要な手技の取得。

5.取得手技
日本外科学会専門医認定試験受験のための必須手技すべて。
1.一般外科診断技術(腹部超音波、消化管透視、消化管内視鏡など)
2.周術期管理技術(輸液療法、呼吸管理など)
3.一般外科手術(虫垂切除術、鼠径ヘルニア根治術、痔核根治術、胆嚢摘出手術、胃切除術、結腸切除術、乳癌根治術など)

6.研修期間
3年間

7.募集人数
2名

8.診療科の実績と経験目標症例数
症例数と手術件数の調査年度

主要疾患 入院数(年間) 経験目標症例数(3年間)
食道・胃十二指腸 100 120(3年間)
小腸・大腸・肛門 130 150(3年間)
胆石症 80 90(3年間)
肝・胆道・膵 30 30(3年間)
乳腺・内分泌 50 60(3年間)
急性虫垂炎・憩室炎などの急性腹症 50 90(3年間)
鼠径ヘルニア 70 90(3年間)
心臓・血管 50 30(3年間)

 

手術 件数(年間) 経験目標件数(3年間)
食道・胃十二指腸 70 90(3年間)
小腸・大腸・肛門 100 120(3年間)
胆石症 80 90(3年間)
肝・胆道・膵 20 30(3年間)
乳腺・内分泌 50 60(3年間)
急性虫垂炎・憩室炎などの急性腹症 50 90(3年間)
鼠径ヘルニア 70 90(3年間)
心臓・血管 50 30(3年間)
呼吸器 0 30(3年間)

 

9.診療科の指導体制
診療科医師数 常勤5名、非常勤●名
診療科研修の指導にあたる医師5名
主として研修指導にあたる医師の氏名 岩崎 武
主として研修指導にあたる医師の診療科経験年数31年

10.コンセプト
1.専門領域とその関連領域の系統的な研修で、裾野の広い臨牀を育む。
2.施設外との質の高い交流研修を実施し、広い視野で専門性に富む臨床医を育む。
3.個々の医師の将来に向けた柔軟で明確な研修プログラムを用意する。
4.医療の質を高める臨牀研究を実施する。

11.一般目標
1.関連領域を含む幅広い知識で患者の病態の全貌を把握する。
2.関連診療科と必要な協議をして、的確な治療計画を立案する。
3.医療安全、患者の人権への配慮、他の職種・患者との意思疎通を図り、安全な医療を実践する。

12.関連領域の研修に関して
施設内での研修 可能
施設外との交流研修 可能
研修領域の決定 本人の意向を研修責任者が聴取し、相談の上決定する。

13.共通領域研修について