褥瘡対策チーム

褥瘡対策とは

褥瘡(床ずれ)は十分に寝返りができなくなった時に(全身麻酔の手術を含む)、圧迫などの影響により、仙骨部や踵などの骨の突出した部分の皮膚がダメージを受け傷ついた状態です。褥瘡発生のきっかけや病態は様々であり、一人ひとりの状態に合わせた複雑なケアが必要になります。

褥瘡対策チームの目標

褥瘡発生のリスクを入院時から評価し予防すること。早期に発見し適切な治療に取り組むこと。また、患者さんの生活にあった方法で、苦痛を最小限にしたケアに努めています。

褥瘡対策チームメンバー

医師2名    専任医師1名     看護師長2名
皮膚・排泄ケア認定看護師1名
各病棟の褥瘡・NSTリンクナース(専任看護師)10名
管理栄養士1名    薬剤師1名    検査技師1名

褥瘡対策チームの活動内容

・褥瘡回診 1回/週と必要時
・ベッドサイドでケアを行い、処置方法の見直しを行っています。
・回診中、また回診後にカンファレンスを実施。栄養状態の改善やリハビリ介入が必要な場合は、他部門と連携も行います。
・スタッフ教育のための院内研修会 3回/年
・神戸医療センターは、2012年より褥瘡ハイリスクケアを導入し、皮膚・排泄ケア認定看護師が中心となり、褥瘡予防に力を入れています。

zyokusou_cr神戸医療センターのキャラクター「しー君」と「さんちゃん」です。
各医療チームを耳の色・風船の色で区別しています。
褥瘡対策チームの色はあかです。