NST活動の様子

○栄養状態が低下している人をみつける

長期の絶食者や栄養補助剤が提供されている方、特別な栄養管理が必要な入院患者さんの中から高度な栄養状態の不良や今後悪くなっていくリスクが高い方を発見しNST介入へつなげます。

img_1

カンファレンス風景

○適切な栄養療法(栄養の投与方法や必要な栄養量など)を提案する

毎週、水曜日に依頼のあった患者さんの栄養療法に関する問題点について病棟で担当看護師を交えて検討し、必要に応じてベッドサイドで診察後、主治医へ評価結果と栄養管理計画を提案する。

img_2

病棟での回診風景

○NSTメンバー、病棟スタッフに対する教育

月に1回、NSTメンバー及び現場スタッフの新しい知識・技術の習得や意欲の向上を目的に、栄養療法に関する勉強会を開催しています。

img_3

勉強会の風景

○平成24年度の勉強会内容
開催日題名・内容等
平成24年4月4日「体液と浸透圧」
平成24年5月2日「電解質輸液製剤の種類」
平成24年6月6日「電解質輸液療法の実際」
平成24年7月4日「褥瘡と栄養管理」
平成24年8月8日「高齢者の輸液」
平成24年9月5日「中心静脈栄養について」
平成24年10月3日「末梢静脈栄養について」
平成24年11月7日「経腸栄養剤の選択基準」
平成24年12月5日「腎不全と輸液」
平成25年1月9日「肝不全と輸液、栄養療法」
平成25年2月6日「酸塩基平衡 part1」
平成25年3月6日「酸塩基平衡 part2」