NSTの活動と役割

NSTとは、

utritional  upport  eam  の略で、栄養サポートチームと訳します。

NSTは、患者さんに最良の栄養療法を提供するために、医師・看護師・薬剤師・管理栄養士・臨床検査技師・言語聴覚士など職種を超えて構成された医療チームのことです。

つまり、栄養状態が悪いままでは病気が治りにくいため、いろいろな専門家が力をあわせてしっかり栄養管理をしていこうというチームです。

NSTの主な仕事は、

  1. 栄養状態が低下している人をみつけて、
  2. 栄養状態や栄養不良のリスクを評価し、
  3. 適切な栄養療法(栄養の投与方法や必要な栄養量など)を提案することです。

※他にも、現場スタッフの栄養管理上の疑問に答えることや勉強会等を開催し知識向上に努めています。

栄養改善により、免疫力が向上し、病気が早く治ったり、入院期間を短くできたり、感染を予防できたりと様々な利点が生まれます。逆に、栄養状態が悪いままだと治る病気も治らなくなります。栄養状態を良好に保つことは、治療効果を上げることに大きな役割を担っています。

 

character_nst

神戸医療センターのキャラクター「しー君」と「さんちゃん」です。
各医療チームを耳の色・風船の色で区別しています。
NSTチームの色はきみどりです。