チーム医療の紹介

緩和ケアチーム

構成メンバー

精神症状緩和ケア医師、心理療法士、薬剤師、管理栄養士、がん看護専門看護師

特 徴

kanwa

痛みなどのつらい身体症状や、不安・落ち込みなどの精神的な苦痛をやわらげ、 患者さんとご家族が、自分らしい生活を送ることができるようにサポートするための専門チームです。

感染対策チーム

構成メンバー

医師(ICD)、薬剤師、検査技師、感染管理認定看護師

特 徴

耐性菌(MRSAやESBLなど)の検出患者さんや抗菌薬が適切に使用されているかを検討し、院内ラウンドを行い、主治医と治療内容・方針などについて議論し、より適切な治療に導くお手伝いをしています。

褥瘡対策ケアチーム

構成メンバー

医師、看護師、皮膚・排泄ケア認定看護師、管理栄養士、
薬剤師、検査技師、各病棟の褥瘡リンクナース

特 徴

褥瘡(床ずれ)は十分に寝返りができなくなった時に(全身麻酔の手術を含む)、圧迫などの影響により、仙骨部や踵などの骨の突出した部分の皮膚がダメージを受け傷ついた状態です。褥瘡対策チームは、褥瘡発生のリスクを入院時から評価し予防すること。早期に発見し適切な治療に取り組むこと。また、患者さんの生活にあった方法で、苦痛を最小限にしたケアに努めています。

栄養サポートチーム

構成メンバー

医師、薬剤師、管理栄養士、検査技師、言語聴覚士、看護師

特 徴

eiyou

栄養改善により、免疫力が向上し、病気が早く治ったり、入院期間を短くできたり、 感染を予防できたりと様々な利点が生まれます。逆に、栄養状態が悪いままだと治る病気も治らなくなります。栄養状態を良好に保つことは、治療効果を上げることに大きな役割を担っています。いろいろな専門家が力をあわせてしっかり栄養管理をしていこうというチームです。

摂食嚥下サポートチーム

構成メンバー

医師、管理栄養士、言語聴覚士、老人看護専門看護師、
医療安全管理係長、看護師

特 徴

sessyoku

「口から食べること」は、人が生きていく上で大切ないとなみです。「食べ物が飲み込めない」、「食事中ムセる」など病気や手術、加齢により摂食障害がある患者さんに対して、「食事を楽しく」、「安全に食べていただく」ため、摂食嚥下サポートチームは、患者さんの状態をみて、多職種で適切に介入することで、「口から食べられる」喜びを取り戻せるよう、チームで考えながら活動しています。

●医療安全管理室

●外来化学療法室